読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

久々に病院にいく★の巻き

こんにちは!

この間眼科に行ってきたレンコンです。

行った眼科は中規模くらいの割とベテランの先生がやっていた眼科でした。

レンコンにとって眼科に行くのは数年ぶりくらいだったんです。こんな状態なので「もっと早く行けよ」という声が聞こえてきそうです。でも、そのほかもろもろの事情が、そして何より眼科でのレーシック難民の取り扱いが今まで酷かったこともあり、それがトラウマになって中々行く気に慣れなかったんですよね。

 

「目が痛い」って半泣きで訴えてるのに「(目は)問題ない!」と怒鳴られて追い返されちゃったこともありましたよぉ★あ、勿論両眼視検査も眼位検査もはしない眼科です!ここ紹介状まで必要な大きな病院なのに、検査と眼科医のレベルはこんな感じだったんですよね・・・。

今思うとそのときプリズム処方してくれてれば失職はしなかったと思うのでホント残念です★このことを思い出すたびに病院名を名前書きたい誘惑に駆られちゃいます。東京都品川区の病院★ですよ(^-^)。でも何年か前のことなんであの先生はもういないかも。

 

今ではレンコンも賢くなりましたがお金を無駄にしないためには病院にいく前に必ず両眼視機能検査と眼位検査ができるか確認していくのがレーシック難民にはとっても大切★だと思ってます。この恐ろしいT病院でも診察料だけはしっかり取られましたからね(^-^)

 

それはさておき、病院でしたが、レーシックをやって無い病院ですごく親切でした。

最初視力検査で「目が良くなってよかったじゃん!」と言ってくれた先生も、レーシック後に眼位異常が発生して眼精疲労で失職し、しかもレーシックすると遠くに焦点が合うから近く見るとき目が疲れるのにその説明も一切なく、今では上下にかなりずれます★って言ってからはちゃんと眼位異常の検査もしていただけましたし(視能訓練士じゃなく先生がこの検査する能力があるっていうのに感激しました)。

 

ちなみに眼位異常の検査自体(眼位異常があるかナシかの判別自体)はものすごく単純な道具(ペンライト)とかでできてしまうので、どうしてSクリニックと安心レーシックネットワークの加盟施設でやってないのかものすごく理解に苦しみます。

 

 

本当に患者さんのことを思うなら、胡散臭い安心・安全宣伝に広告費費やすよりも、眼位検査入れて眼位異常リスクの不適応者を外した方がよっぽど「安心・安全」だと思いますよ★

 

これってまともな眼科医さんや眼科関係者さんなら、報復の恐れが無い無記名アンケートしたら絶対に「YES」に入れてくれると思います。患者さんが将来眼精疲労や眼位異常でまともに生活遅れなくなるかもしれない可能性を考えると人格異常者じゃない限りは普通なら「やめたほうがいいよね」って考えてくれると思いますよ★