LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

眼位異常が悪化しすぎてとうとうフレネル膜を進められてしまったよ☆の巻

みなさんこんにちは!レンコンです。

GWはいかがお過ごしでしたか?



レンコンは眼位異常がすごすぎて新しく作成した眼鏡でもまだ痛いので、先日大病院受診してきましたよ。



そしたらなんと、プリズムが入りすぎててついにフレネル膜を推奨されちゃいました☆

いや、眼鏡の教科書とかで知識として知ってはいたけれど、自分がフレネル膜を勧められるなんて本当にびっくりです。確かに目の検査するときに、視能訓練士がやたらごつい、ガラスで出来たレンガですか?って聞きたいくらいの度数のレンズで検査するんだなと思ってたんですが、まさかフレネル膜が必要になるとはね!

これもSクリニックのおかげですよ。

 



フレネル膜って、まずレーシックを考えてしまうような普通の眼鏡コンタクトで健康にお過ごしの方は目にする機会すらないものなのでご説明させていただきますね☆



両目のズレが一定範囲内なら、プリズムレンズと言って眼鏡のレンズ厚さを色々調節したレンズで光の向きを屈折させることが出来るんです。



下記「眼光学の基礎(金原出版)という奈良県立医科大学教授の西信先生が書かれた本から図を拝借しますね。



プリズムではこんな風にして光を曲げるんですよ~。



f:id:rennconn:20140514124851j:plain

レーシックのお医者さんたちもよーくおぼえて置いてくださいね!!

覚えるだけじゃなくて、実際にレーシック希望の患者さんがきたときその人がプリズムレンズだったら「やめとけよ!!」と言うのが医者としての良心・・・と言うか、はっきり言って人間としての良心だと思いますよ。「調節性内斜視なら改善するかもしれないじゃないか~」って反論してくるかもしれませんが、レンコンは一番最初に会ったレーシック難民の人は小さいころからずっと遠視の遠視矯正でSクリニックで難民にされた人でしたよWWW。その後、この世界に入って会う人会う人近視の外斜視のレーシック難民WWW。ちなみにSクリニックが一番多いですよ!



さて、プリズムによって光の向きを曲げられることはご納得いただけましたか?

で・す・が

この眼鏡レンズそのものを厚くするやり方では、矯正できる量に限界があるんです。

諸説ありますが、たいてい片眼5プリズムって書いてありますね。要するに、縦方向は5プリズムまで、横方向は左右あわせて10プリズムくらいってことでしょうか。



レンコンは、縦に5プリズム、そして横には15プリズム近くあります(爆)。縦は限界、そして横は、限界をさらに超えちゃってますね!!

今もかなり分厚く、重たいプリズムレンズをしているのですが、この眼鏡でもぜんぜん足りないわけですよ☆でも両方に5プリズム入れても5+5=10プリズムで10プリズム以上は修正できません。



その場合どうするかと言うと、さあここでフレネル膜のご登場となるわけです!

フレネル膜と言うのは、透明な膜の上に小さいプリズムをいっぱい乗せることによってレンズに組み込む以上の量を矯正すると言うものです。

これも「眼光学の基礎」から図を引用しますね。

f:id:rennconn:20140514125321j:plain



こんな感じでフレネル試してもいいんじゃないって薦められてきて、今眼鏡を作るか悩んでる最中ですよW言っとくけど、フレネルの場合は眼鏡作成料金とは別にフレネル膜代がさらに加算されます。今でさえプリズム料金がかかる場合もあるのにもっと高くなるんですね!



ほーんとレーシックしてない普通の近眼のときは、目も痛くならないし眼鏡も量販店のプリズムなんてぜんぜん入ってないものでよかったし、何より仕事やめなくて済んでたのに、レーシックって人生変わっちゃいますよね!Sクリニックさん!!



プリズムフレネルなんていう言葉は生まれてこのかた、一度も聞いたことがないレーシック希望の近眼さんにはレーシック考えるならその前に斜視弱視専門のお医者さんのいる病院で眼位検査受けた方が絶対にいいですよ!!レーシックの病院では、術後こんなことになる可能性があっても検査してくれないんだから!!

眼位異常なんてちょっと検査すればわかることなのに、潜在的な人口が多いから客を逃したくないと言う理由で検査しないクリニックは、その拝金主義に頭が下がりますよ。



レーシック希望者さんは自衛のためにも絶対に自腹でこの検査受けてくださいね。じゃないとレーシックの第一人者の先生は、アエラ対談みたいに「そういうことは白内障手術後も起こりうる」って極めて簡単に終了してますから。まあこの業界の本性見たりって感じですごく面白い回答ではあったんですけどねWWW

↓そりゃ管理に困りますよねぇ。

f:id:rennconn:20140514130519p:plain

 

最後になりますが、本当にこの「眼光学の基礎」Sクリニックの検眼視能訓練士に任せっぱなしで屈折のたいした知識もなく、眼位に関しては用語すら「なにそれ?ボク専門外(実際にこういわれた人がいる)」って感じの、患者には「たいていの後遺症は半年たてば治ります」って紙見せただけでリスクの説明はすべて済んだと思ってるレーシック医どもがちゃんと拝読してくれてたらと思いますよ。

 

 

何せ「眼光学の基礎(爆)」なんだから!