LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

スマホが使えないのを携帯電話屋でののしられる の巻

前にものすごーくしつこい携帯電話屋の店員さんから、スマホを猛プッシュされたことがありました。

 

理由は、レンコンは電話代も自分で捻出するのが難しいんで、「それって何?」ときかれるくらいの超マイナーでネットもつながらないどうしようもない携帯をここ5年間ほどずーっと使ってるんですが、それが携帯電話屋のお姉さんの目に触れてしまい、「いまどきLINEも使わないなんてどうやって生活してるんですかぁ?きっと友達もそういう人ばっかりなんでしょうねぇ」と言われた次第です。

(このおねいさんの発言自体もすごいがレンコンはとっさの反応が鈍いタイプなのでこの時はびっくりして返事すらできなかった。それにしても「そういう友達」ってどういう友達だ!)

 

確かに料金的に考えると持てなくもないな・・・というプランもあるんですが(Wi-fiで全部こなすとか)、それにしたってレンコンには不可能な気がします。

父と兄弟がスマホタブレットも持っているんですが、あの「画面をスライドさせる」動作が、レンコンには無理なんです。見ていると吐き気がしてきます。レンコンはレーシックの手術以降眼位がおかしくなっているので動く画面を目で追えないんです。

更に輝度調整できないとはっきり言って拷問です。

 

眼科専門医を含めた皆さんもプリズムで上下に6と水平に20ずれるようにプリズムを入れて、更に3D過矯正気味のメガネでスマホタブレットの画面見たらこの感じがわかるのではないでしょうか?

 

前のバイトのときは一緒にバイトしてた人のほとんどがネット接続のスマホ入力で、そっちの方がとっても早いのでうらやましかったけれど、レンコンはそれが不可能なのでいちいち職場にお願いして家に帰って輝度を低くしたパソコンで、給料としてカウントされない業務時間外にやりました。

 

こんな状態なのに更に「いまどきスマホも持ってないなんてどんな生活してるんですかぁ?」と聞かれると、中々辛いものがありますね。