読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

安心レーシックネットワークのドン、南青山アイクリニックでレーシック難民!!

レンコンです。

今日もあまりに眼が痛くてフラフラですが皆様いかにお過ごしでしょうか?

レーシック屋の皆さんは今日も元気に「レーシックは安全ですよ~、レーシック難民なんてみーんなウソ難民!!」と言いながら術前眼位検査なし、ミドリン点眼の屈折検査で角膜を削っちゃってるところでしょうか?

 

さて、気がついたらツイッターにレーシックの患者さんがいるなと思ったら、びっくり!なんとこれが南青山アイクリニックで手術を受けた患者さんだったんです!!

f:id:rennconn:20150528120637j:plain

南青山アイクリニックにてレーシックを受け、遠視化。その後、数回の遠視矯正をするも、酷い眼痛や頭痛、斜位悪化、すりガラスのような視界に何年も苦しみ生きています。クリニック側から納得のできる説明が得られるまで責任追求していく

 

 

南青山アイクリニックといえば、以前週刊誌で毎日眼痛でのた打ち回って苦しんでいる私たちのことを噓難民だと罵ってくれたサイエンスライター(?)の竹内薫さんや

www.optnet.org

元AKBの前田敦子さんが手術を受けたクリニックです。

 

そして「美容系ではないレーシック!!」としてレーシックを宣伝なさっている

安心レーシックネットワークのドンでもあるんです。

 

安心レーシックネットワーク

www.safety-lasik.net

 

それにしても安心レーシックネットワークはちゃんと術前に色んな検査をするまともなお医者さんもいるのに、ツイッターで怒っている上のような患者さんを出すクリニックがボスだなんて本当に本当に残念なことだと思います。

 

この患者さんの書き込みによればですが、南青山の術前の屈折検査はミドリンで、術後眼精疲労を訴えても両眼視機能検査はシトマスステレオテスト止まりだそうです。

 

チトマスステレオテストはハエの羽が浮き出て見えるかとかを見る検査なんですけど、これじゃあ患者に両眼視機能があるかどうかはわかっても、プリズム度数はわからないから眼鏡とかは作りようがないのではないかと思います。

 

この患者さんは南青山クリニックの術後の対応についても書いてあるけど、それによれば今訴えられてる品川近視クリニックと正直変わらない内容であると思います。

 

ツイートの内容を抜粋して張っておきますね。

 

被害者さんのツイート内容

 

>書面で回答を要求したところ、代理弁護士より配達証明郵便が届いた。こちらが書面で指摘した事項についてそれぞれクリニックとしての考えと理由をしりたいと要望したが、まったく答えにもなっていない回答書が届いている。

 

レーシック被害者の方では、過矯正だけでなく斜位が絡んで眼痛を起こしている可能性のある人は多い。原因を調べる上で斜位検査は必要なものだと思うが、南青山アイクリニックでは術前に検査はしない。術後にもこちらから伝えない限りしない。ハエつかみ検査という立体視できているかどうかの検査のみだ

 

親身に今後の治療を考え、治すために一緒にがんばっていきましょうと励ましてくれた院長が、理事会を境に急に態度を変えてきた。摩訶不思議。理事会は慶應の眼科関係者も出席しているものと思われる。そこでどんな話し合いが行われたのか議事録を公開してほしい。

 

他にも香ばしい内容が満載ですが、眼の体力が少ないのでこの辺にしておきます。

 

要するにツイッターにある患者さんの書き込みで今までの流れを見る限りでは

 

1、安心レーシックネットワークのドンである南青山はミドリンで屈折検査して、術前の眼位検査がなかった

 

2、術後、この患者さんは遠視化。

それを訴えても、検査はミドリンどまりで両眼視機能検査はチトマスステレオどまりだった。

 

4、仕方ないのでこの患者さんは別の病院で治療を受ける。

 

5、その後南青山に色々訴えるも、南青山からは一旦「治すために一緒にがんばっていきましょう」と院長から言われるも、理事会を境に南青山の態度が一変し、「弁護士を通じた回答」が届く状態。

 

これって品川とどこが違うのかなあ・・・。

あっ!品川だと元暴力団対策刑事の天下りが雇われているから、その人にめちゃくちゃ怒鳴られるそうです(実際に怒鳴られた方数人から教えてもらいました)。

南青山だと「弁護士から来る」って言うので多少「優しい」程度なのかな?

でも、検査がミドリンで眼位検査をしてくれなくて、不具合訴えても受け付けないのはおそろいですね!

 

私の考えでは、安心レーシックネットワークはもはや一番上のお医者さんはきれいさっぱり据えなおしたほうがいいんじゃないかと思います。

 

だって、被害者の会のスタッフしてるからわかるけど、安心レーシックネットワークの上のほうの「レーシックは安全です」って言っているお医者さんたちこそが結構ひどかったりするからです。

 

例えばNHKにも出てるお医者さんに、後遺症発病後にカルテ無くされてもはやどうしようもないって人もいますし、前に民放でレーシックの番組をやったときに出てた関東の医者は、再手術に失敗。テレビではれーシックの希望者が「先生を信じて受けることに決めました」みたいな事を言っていたけど、私の中では「そりゃやめたほうがいいんじゃない?」って感じでした。

 

そんなわけで、私の中では

「術前検査は結局ミドリンで眼位検査もしなくて、不具合を申したてたところで全然対応してくれず、一緒に頑張っていこうといってくれたりもするが結局態度がいきなり変わって内容証明郵便などが送られてくる」

っていうクリニックが大ボスの安心レーシックネットワークって、何が安心なのか正直全く良くわからないんです。

皆さんもきっとそうじゃないですか?

 

安心レーシックネットワークのほかの頑張っているお医者さんたちは、上でのさばってるちっとも安全・安心じゃないこういうお医者さんたちを退場させて、レンコンが少しでも「安心レーシックネットワークなら安心です」って書けるように頑張ってくださいね。

 

本当に、その日を心待ちにしていますよ!!