LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

レーシックのどこが安全なのかが分からない

染井さんが安心レーシックネットワークの名古屋アイクリニックを訪ねたみたいです。

somei2012.hatenablog.com

 

名古屋アイクリニックかぁ・・・

レンコンは名古屋アイクリニックで手術を受けられた患者さんの書き込みを数回ほどお見かけしたのであまり行く気にはならないです。

 

それはそうと、レーシック後、後遺症を発症してしまった場合、それが治ったという話を聞きません。レンコンのように段々悪化していくと言う話ならよく聞きますが。

 

実際問題、レーシックの後遺症を完全に治すのは、少なくともIT企業とかでバリバリ働いていた人が広い牧場での仕事とか遠見系のに転職するんじゃなくて、もう一度その会社で同じくらいバリバリ働ける程度に治すのは、今まで伺ったレーシック難民の話をまとめると、かなり難しい、と言うか、まれなケースだと思います。

 

まず第一に立ちはだかる難関として、医者の診察でいろいろ訴えても、不具合を認めてもらえないと言うケースが多いように思います。

 

例えばレンコンは

①+2Dを超える遠視

②フレネル膜が必要になるくらいの眼位異常(術前はプリズムが入っためがねを使用したことすらなかった)

③夜間視力の低下

④ドライアイ(正常とされる数値の半分以下)

 

でしたが、私を術後診察した医者は、上記のことはどれも触れずじまいで「原因は分かりません」と繰り返すばかり。

 

その時点で遠視が出てることは分かってたんですが、どうもクリニックの側で「+○D以下の遠視は問題なし」と不思議な判断が行われているらしく、そこで調べようと言う話にはなりませんでした。

 

また、眼位の異常に関してもレーシックをしているクリニックは感心が薄い場合が多く、レーシックをしているクリニックにセカンドオピニオンを求めても眼位の検査は全くなく「問題ありません」「精神がおかしいんじゃない」と言われたりしていました。上下プリズムが膜プリズム必要なくらいあるんですが、レーシックのクリニックは検査をしないので眼位の異常が発見できないんです。

 

何が言いたいのかと言うと、

「レーシックって安全、レーシックって生涯保障」とクリニックでいろいろ術前に聞こえがいいことばかりを言われるのですが、実際に後遺症患者になってみると、レーシックの後遺症の人生に与える破壊力の大きさと、クリニックの「保障」の現実に愕然とします。

 

例えば「ドライアイになったとしても一生補償します」と言われたとして、その保障の内容って実際何なんでしょうか?

 

今のドライアイの治療だと、涙点プラグ入れたりだとか、目薬さしたりだとかするのがその治療ってことになるのですが、重度のドライアイになった場合、いつも目がヒリヒリして、15分おきに目薬を差しているような状況になる場合もあります。

 

そのような場合、今までのケースから鑑みるに、「一生保障」って言うのは、

「目薬代と涙点プラグ代はクリニックでずっと払ってあげるよ」

ということのように思われます。

と言うか、多分それが今のレーシックの後遺症の研究状況で病院にできることなんです。

 

けど、例えば15分おきに目薬を差さなければいけなくなってそれが元で会社を辞めるとか、人生にとてつもない変更を迫られた人も数多く、本当に数多くいますが、それを「保障」ってどういうう風に保障するのでしょうか?

 

それから、レーシックの後にものすごくまぶしくなってサングラス生活になる人が少なからずいるのですが(レンコンもまたその一人です)、そういう場合、そもそも後遺症としてすら認められず「まぶしさは本人の主観だからね」で片付けられるケースが常態化していますが、こういう「レーシックのせいで一生サングラス(ひどい場合は室内でもサングラス)」になってしまった場合、そもそも「まぶしい」と言う訴えすら「主観だからね」と言う言葉で認められません。これはいったいどうやって「保障」するのでしょう?

 

私は今までいろんな後遺症の患者さんとお話して来ましたが、いつも思うのは「レーシックが安全と言うなら、まずまぶしさや眼位異常などのよくある後遺症を研究して治せるようになってからそう言ってほしい」ということです。

 

今の状況で「レーシックは安全です」と言っている人たちの気持ちが本当に理解できません。