LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

DeNAの下請けのランサーズとクラウドワークスはレーシック被害増産にも多大に貢献してる!! 前編

DeNAのキュレーションという名のパクリデマサイトWeLQの記者会見が15時半から開かれる予定で大注目!のレンコンです。


今日はお日様が隠れたり出たりするから例のごとく右目の目頭が鬼のように痛いです。だれか何とかして。
当たり前だけど記者会見も見れないから、後でみなさまの報告を拝見させていただくのが楽しみです。Einkは動画が見れないんだよ。


さて、このWeLQの記事ですが、なんと医療という正確な情報が必要な分野のコンテンツだったのにもかかわらず、素人ライターばかりのインターネットのクラウドソーシングサイトに依頼して記事を大量に量産していたんです。


主な下請け先は「ランサーズ」そして「クラウドワークス」の2サイトです。


このサイトってちょっと見ただけでもすぐわかると思うんですけど、単価がめちゃくちゃ安いんです。記事一本300円とか、すごいのだと10円とかもありました。


当たり前ですけど、そんな時給では筆一本で食べて行ってる職業ライターさんは絶対に近寄れません。
だって、記事書くのってそれなりに労力のいる作業なんです。例えばレーシックの記事一本書くのでも、アメリカの新聞翻訳したり、医学書を購入したり、図書館に行って眼科のコーナーにまる一日こもってコピー取ったりしてネタを集めてくる必要があるわけです。


レンコンは、レーシック難民になってしまったからそういう資料集めをへとも思わないけれど(だってそうしないとこの地獄の後遺症からいつ抜け出せるかわからないんだもの)、もし全然別の分野の記事で「ランサーズ」や「クラウドワークス」な金額で
記事かけと言われたら、ちょっと無理かな。どう考えても労力とコストが見合わない。その上例えば保険ネタとか、結構複雑なシステムなので、それこそファイナンシャルプランナーの資格とか取らない限り手を出したくない。だって変なこと書くわけにはいかないじゃないですか。


だから、本当にちゃんと取材したり資料集めて記事を書いてるライター業の方々は、「ランサーズ」とか「クラウドワーカー」の人たちのことを、本気で怒り狂っていましたよ。そのことを本業ライターさんにメールで教えてあげたら衝動的に怒りの電話がかかってきたくらい。


コピペライターの人たちは、本業のライターさんがどうやって記事を書いていたか、自分の仕事が本当に「ライティング」に値するものなのか、もうちょっと考えたほうがいいのではないかと思います。
まあ、もう手遅れなのですが。


さて、興味深い記事が有ったので引用します。
DeNAの記事の発注先の「ランサーズ」及び「クラウドワークス」が、今回のDeNA騒動についてコメントした記事になります。

DeNA運営「WELQ」の発注先だったクラウドソーシング、大手2社の対応は? - CNET Japan

今回の騒動を受け、WELQの発注先だったとされる大手クラウド
ソーシングサービスである「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2社に見解や対応を聞いた。

クラウドワークスでは「クライアントとの契約については個別に コメントできない」としながらも、今回の騒動でクラウドワークス が利用されていたのは事実とし、今後はそういった問題が起きない よう、サービス内の機能追加を検討していると説明する。

たとえば、発注の単価については、以前からクラウドソーシング サービス全体の問題とされてきたが、現在は実際に発注を受ける ワーカーとヒアリングの機会を設けているという。その上で、今後 はクライアントが発注する際に推奨の単価を表示する機能や、単価 が低すぎるとワーカーが判断した場合には、クラウドワークスに通報でき、検索結果において該当案件の表示順位が下がるといった対 策を講じることを検討しているとした。

http://japan.cnet.com/news/business/35093081/

クラウドワークスは

・発注の単価が(安すぎることが)クラウドソーシングの問題点である。
・だから、単価が低すぎるとワーカーが判断した場合はクラウドワークスに通報でき、案件の検索結果を下げるなどの大作を検討してる。
と答えてますね。


これってどうなんだろう。レンコンの経験からだと、そもそも問題の論点がちょっとずれている上に、金額に関してはあんまり抑止力にならないと思います。


そもそも今回のDeNAの件と核心は以下だと思います。

1,ものすごく安価で仕事を発注されており、プロのライターが到底割に合わない価格だったので、必然的に素人ライターが仕事を受けることになった。(て言うかプロのライターはそもそもこういう脱法サイトで仕事を受けていないのですが)
2,素人ライターはそもそも専門的な記事について書く能力がないので、DeNAからのマニュアルに示されているとおり、他の人のサイトから内容パクってきたのをリライト(追跡されないように多少直したとも言う)して出した。
3, 素人ライターはそもそも専門的な記事について書く能力がないので、医学などの専門領域に関して間違った記事が量産された。
4,間違いが有ったり、パクった素人記事をSEOに対する知識を駆使して上位表示するようにして、多くの人々に誤解を与えたり、正確な情報を下に押し下げたりした。

こうして整理してみると、レンコンがクラウドワークスの言う「仕事の単価を上げるように持っていく」解決策は、絶対に無理だろうと思います。
何故なら「仕事の単価を上げる」ということがクラウドワークスという会社の存在自体に反しているからです。


クラウドワークス」って名前はかっこいいけど、要するに本当に雇ったら福利厚生とか給料とかそれなりに必要だから、ちょっとでも安く済ましたい雇用者がなんとか安く後腐れなくお仕事してくれる人を探す、ある意味脱法サイトみたいなもんです。脱法じゃなくて正当な給料が必要ということになったら、仕事頼みにくくなるじゃないですかW


とにかく上位表示するために記事を大量生産しないといけない発注元のことを考えると、記事の単価を上げるのは非常に難しいでしょう。 プロのライターは、その仕事で食っていけるだけの給料を稼いでいます。 クラウドワークス見てみりゃわかるけど、そんなに大きな会社が発注してるわけでもなく、今のゴミみたいなライティング価格はそんな発注元の懐事情も織り込んで決定されているものです。


逆にだからこそクラウドワークスは「仕事の単価を上げる」とは絶対に明言しないのです。ずるいですね!


また、その多くが主婦である素人ライターは、はっきり行ってお小遣い稼ぎですから、ものすごく安い案件でも仕事する傾向があります。だから「安すぎる案件は通報できる」機能を設けたとしても、我慢強い奥さんたちはあまり気にされないのではないかと思います。


さて、お次は「ランサーズ」のコメントです。

ランサーズは、「現在、事実確認中」としながらも、サービスに 対しての意見については課題と認識しており、サービスの健全化に 向けてさらなる整備を早急に進めると答えた。

すでに実施している取り組みとしては、ライターのスキルを可視 化するマネージメントシステム「Quant」の導入や、仕事を依頼する 際の推奨相場の提示、また、ライターに向けたスキル向上のための 教育セミナーを実施してきたという。さらに、近日中に新たに仕事 依頼のガイドラインを公開する予定としている。クライアントが仕 事依頼のガイドラインに沿った発注が可能となるようモニタリング 体制も強化すると

http://japan.cnet.com/news/business/35093081/

ライティングスキルの向上か。
これもそもそもゴミデマ記事大量生産を指名とするサイトの存在意義から考えると、全く持って難しいのでは?と思えてしまうような解決案ですね。


だってこういうゴミデマ記事というのは、そもそも知識のない素人が怖いものなしに書き散らしているから「商売」になるものであって、むしろ知識のあるライターが「真実」書いたら商売とはどんどん遠ざかってしまいます。


例えばレーシックがそのいい例なんですけど、体験談とかレーシックの素人さんとかは「原理を考えれば失明はないよな。みんな、レーシック仲間になろう!!(BYホリエモン)」みたいな感じで軽く書きますけど、
角膜って目のレンズの部分だから、デコボコになったら光は感じ取れるかもしれないが、それこそほんとにデコボコなガラスを通してみた時の目の見え方になりますし、
ステロイドにアレルギーのある人が処方されたステロイド目薬で眼圧上がって失明なんてこともありました。


あと、失明まで行かないかもしれないけど、強度近視の人は角膜削る量が多いからコントラストが下がったり鳥目になったりするし、削るところが中心からずれて偏心照射になってるとうまく見えなかったりもしますね。


良く健康食品とかで素人が好き放題言うけど、こういうのって例えば論文とか読んで調べれば調べるほどそんなこと呑気に言えなくなってくるものなんですよね。ブルーベリーだってレーシック難民はよくおすすめされるけど、その効果は実際にはまだよくわかってないわけだしね。


要するに「いいね。何も知らない素人は怖いもんなしに書けて」というのがむしろ強みだったわけですよ


記事の程度が「科学的根拠とか難しいことはよくわからないけれど、とにかく良さげだよ!!」というレベルであることを商品やサービスを売る側はむしろ「利用」してたわけです。


だから「ライターのレベルを上げて~」って言う解決法は、そもそもこういうゴミデマ記事量産サイトの存在意義を揺さぶってしまうのではないかと思います。要するに、無理だと思います。


大体、こういう記事を「発注」する理由は「商品の宣伝のため」「自分の売ってる商品に都合の悪いホント記事を下に押し下げて見つかりにくくするため」って言う理由がほぼ100%占めてますよね。報道じゃないし。


そんな記事を書くことが目的のライターに研修や教育してどうするつもりなんだろう?


まぁ。教育してる内にライターが「やべぇ!資料きちんと集めてみたら、直近2016年11月23日のワシントン・ポストの記事でレーシックの不具合率4割超えてるじゃん!」とか、



「品川近視クリニック集団提訴かよ!これは大勢に伝えといたほうがいいな!!」と目覚めてくれたとしても、記事の発注元がそういう記事を承認してくれるかちょっと疑問です



ちなみに、「ランサーズ」と「クラウドワークス」はレーシックの「発注口コミ」のお仕事も多く請け負っているんです!!


あまりに多いので「ランサーズ」が前編、「クラウドワークス」が後編でお届けです。


品川近視クリニックでレーシックした体験談(900文字)の依頼/外注 | ・ブログ記事・体験談の仕事 | ランサーズ

f:id:rennconn:20161208140256j:plain
一瞬応募してやろうかと思ったが、なんと成功記事以外は受け付けないそうです!!
f:id:rennconn:20161207085353j:plain


(cache) 記事募集!≪レーシック手術の体験談≫ 500文字以上 - 記事・コラム の仕事 | ランサーズ

f:id:rennconn:20161207085930j:plain


品川近視クリニック体験談【1000文字/300円】※レーシックの依頼/外注 | 記事作成・ブログ記事・体験談の仕事 | ランサーズ

f:id:rennconn:20161207085426j:plain


コピーライティング/プロジェクト【報酬¥1,500】【レーシック手術の体験談募集!】口コミレポートで最大1,500円:単発 |

f:id:rennconn:20161207100711j:plain