読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

来年がいい年になりますように

レーシック被害は人災です。


レーシックの被害に関して運が悪かったとか、値段が安いクリニックで受けたんだとか根拠不明のことを言う人がいるのですが、レーシックは現事典でちゃんと検査すれば、事前の段階でこの人はレーシックに向いてるか向いてないかがわかる手術です。

この「ちゃんと検査すれば」にはその人の職業適性とか生活スタイルを聞くとかそういうことも含まれます。PC操作など近見作業の多い人にはレーシックは必要ありません。


 私ももちろんそうですが、
そもそもレーシックに向いてない体質の人々がガイドラインに設定してある人たちに、わざわざそのことを事前に説明しないで被害者を増やしていった。不具合が出てもその検証をしないことでさらに同じタイプの被害を出した。これがレーシック被害です。


決して「真摯に適切な手順でスクリーニングや検査、施術、研究を行って、それでも力及ばなかった」という種類の事故ではないのです。


 レーシック被害者は毎回病院に行くたびに以下のように言われます。



「今の医学では残念ながら治療法はありません」
「原因がわかりません」

 これが一般のレーシックしてない眼科から発れるならまだ話はわかるが、安心レーシックネットワークなどレーシックをしている眼科の医者から発されると激しい怒りを感じます。


 そもそも患者さんたちはなぜ手術を受けたかというと、レーシック推進派の医師に
「レーシックは確立された安全な手術」
「眼科専門医が行えば安全」
そして何より
「最高の医療で万全のアフターケアを保証します」と言われたからです。


 医者の言葉を信じ、後遺症発生した患者がまず理解するのは、美容系の医者はもちろん、安心レーシックネットワークも、過矯正や羞明など、最も頻繁に起こるような問題にさえ、何も研究しておらず、それどころか後遺症の存在すら認めようとしないということです。


多くの難民さんがセカンドオピニオンでいろんな眼科をさまよってますが「サングラスでもかけたら?」「ドライアイの治療法はありません。現代の治療法ではどうしようもありません」というような、最高の医療とは程遠いものばかり。


大学病院や眼科専門医のネットワークはどうしたのでしょう?確立された治療法というのは、不具合が起こった時のことも含んで確立されているということではないかと思うのですが、その研究はどうなっているのでしょう?


レーシック被害は人災です。


レーシックを受ける人数は、今やピーク時の10分の1に減ったそうですが、被害者の会には被害情報が届き続けています。その被害の話を聞くたびに、より巧妙に、より高いプランを選ばせる商法に呆れつつ感心してしまいます。


本当のことだし世間にとっても良い情報提供になるので書きますが、
2016年にある患者さんが集団提訴されている大手クリニックでホームページで32万円と表示されているプランを受けに行ったら、角膜強化法などのオプションがいっぱいつけられて、診察室でお医者さんから65万円のプランを提示されたそうです。

医療広告ガイドラインには、広告では標準的な価格を表示すると言われてるのに、HP価格が32万円で実際言ってみたら65万円じゃ、かなり逸脱していますが、広告表示を見直したほうが良いのでは?

美容系があくどいのは今に始まった話ではありませんが、小さなクリニックの被害者もいます。


レーシックは後遺症や不具合などの研究ができない医者はやるべきではない手術だと思います。


来年こそはこの最悪の医療が少しでもまともな方向に動いていくことを祈っています。