読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

Booxよでかした!!ついに「使える」E-inkモニターの誕生か!?

日本眼科学会認定の眼科専門医にレーシック失敗されてしまった皆さん、いかがお過ごしでしょう?

レンコンは相変わらず「目が痛い×億」って感じです。なんかもう目が痛すぎて、美味しいもの食べようが、洗濯物干してようが、皿を洗ってようが、心が自動的にレーシック医への憎しみに回帰してしまうわ。


遠視の目の痛みを緩めようとソフコン買ってきて
どうにかしようとするも、調節が緩む=輻輳が緩むで眼位異常が悪化してギョロンパ、見た目も怪しいけど何よりこの顔ひねり感をなんとかしてほしい!!って感じでしょうか?前向いた時に目の前にある車は1台なのに、上下ズレのせいで2階建ての立体車庫に入って2台あるように見えてますけど。


コンタクトの上からメガネかけたり、コンタクトの上からメガネかけてさらにサングラスかけたり、ピンホールメガネ試してみたり、更にフレネル貼り付けてみたり…普通の近視だった頃が本当に懐かしいですわ!


レーシック被害情報のほとんども「日本眼科学会が認める眼科専門医」にやられている昨今、
私個人の考えとしては、「レーシック難民を救う会=屈折矯正手術被害者の会」という名前も、実情に応じ
日本眼科学会の認める眼科専門医から屈折矯正手術の後遺症を負わされた会
とか
日本眼科学会が認める眼科専門医から屈折矯正手術失敗された会
とか
日本眼科学会が認定する眼科専門医から屈折矯正手術で視覚障害者にされた会
とかに変更してもいいんじゃないかと思う今日この頃です。


さて、
羞明」を患うレーシック難民の皆様に朗報です!!
なんと、E-inkモニターの情報を取り扱って下さるチューリップ商人さんのブログで、すごいニュースが飛び込んできたんです!!

何とBOOXMAXがPCモニターとして使えるようになるかも!!
ばんざーいばんざーい!!!!!!!!!

この「E-inkモニター」に関しては、先に「PAPERLIKE」というモニターが発売されていたのですが、価格が10万超えと高い上に、レンコンが知人から拝見させていただいた印象ですが、「マウスしょっちゅう行方不明になる」という感じ。
そして最大の問題点は、PAPERLIKEの説明書にも書いてあるように「あくまでサブモニタであり、1台で使うようなシロモノじゃない」という感じだったんです。つまり光り輝く透過型液晶モニターでマウスを操作しつつ、出た画面をPAPERLIKEで見る、みたいな。
見せてくれた人ありがとう。

PAPERLIKEほんのちょっとしか触ってないから印象しか言えないけど、今使ってるBOOXの方が、表示速度は遅いけど、それも慣れれば全然使えるし、長時間使用してれば画面荒れてくるけど、それでもPAPERLIKE寄りはマシかもって思ったし、しばらくしたらお金ためてBOOXMAXでも買おーという気持ちだったんです。それが、いきなりPCモニタの可能性も見えてきて、レンコン的には喜びに涙溢れそうな気分です。


欲を言うなら、カラーも出て欲しいけど、カラーはきっとまだまだ先なんだろうなぁー


でも、自分たちみたいな視覚障害者の領域に足突っ込んでるような人間にも使えるモニターが出そうで本当に良かったです。


お金ためて頑張って待ちます!!