LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

PLEMO立体型睡眠アイマスク 軽量・究極の柔らかシルク質感 睡眠、旅行に最適 (フリーサイズ) EM-452

アイマスク買っちゃった。

https://www.amazon.co.jp/PLEMO立体型睡眠アイマスク-軽量・究極の柔らかシルク質感-睡眠、旅行に最適-フリーサイズ-EM-452/dp/B0147VN25C


最大大手クリニックでレーシックして、中程度遠視並みの過矯正にされてからというもの、
光が目に入ると目の周りが痙攣したり、目の奥が痛くなることはもう何度も書きました。


私の過矯正の度合いは、+0.5Dとか+1Dとかそんなレヴェルじゃありません。明らかに「これってダメだよね」レベル。セカンドオピニオンの医者にも「何でここまで削っちゃったのかね…」と毎回呆れられてる。


本当にねぇ。何でこんなことになってしまったのか、私も聞いてみたいですわ。何でそもそもガイドライン適応してないのにそれ患者に知らせずに手術してんの?とか。


話戻って、
過矯正になる前、近視だった時には全くなかったこの光に関する過敏性なのですが、
起きてる時も大変なのですが、寝る時も大変なんです。


豆電球程度のあかりでも、眩しくて眠れやしねぇ…


これってレーシック難民が夜間、対向車のヘッドライトとかコンビニのあかりとかその他が眩しくて、車の運転できなくなるのと同じメカニズムなのでしょうか?
お前、しっかりしろ!!暗い部屋で小さいあかりがついてるだけだろう!?と自分で自分に説教しても、その小さいあかりのせいで眠れないのです。


そんなわけで、寝る時もアイマスクが欠かせず、常にアイマスクを見聞しているような生活になっておりましたが、先日ついにちょっと高いのを買ってみた。
それがコレ。


つけごこちは、結構いいと思います。


アイマスク色々試して思ったけど、目に対して圧迫感あるやつはまず論外、ということを理解した。そして圧迫感がなくても、鼻呼吸が息苦しい奴も勘弁してということがわかったのですが、両方クリアしてる。

コレが来るまでは黒いタオルの両端切ってヘアゴムでベルト調整した!みたいな「自作」系を貧乏臭く使用していたが、気温が上がっって汗ばむ季節になると、微妙だったので、しばらくはこれでしのぐことにします。