LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

レーシック難民の静かな生活

コメントくださった方、どうもありがとうございます!
レンコンのブログ見てレーシック考え直してくださった方もおられるということで、被害者としては嬉しい限りです。

私もメガネで矯正していた頃は、こんな生活が待ち受けてるとは思いもしませんでした。
日本眼科学会が認定してる眼科専門医に、本当はレーシック受けちゃいけない患者なのにレーシックされ、視覚障害者にされるとは…って感じです。

レーシックの不満足度は15%だそうですが、これは「不満足度」であって、私達みたいになった場合の後遺症の研究も何もまだ何もないんですね。

15%の確率でこんな感じになるかもしれない手術って受けたいですか?しかも、時限爆弾製で手術してから数年立ってドライアイや眼痛を発症される方もいるんです。その時にクリニックは潰れていて、どーにもならんということもよくあるのです。

リレックスとかICLとか新しい図式もあるけど、レーシック医が研究意欲ゼロなので、そういう新しい手術でも過矯正の患者さんが来たりしています。
もう2018年でレーシックの売り文句は「昔は危険だったけど今は技術が向上して安全になりました!!」なのに、最近手術を受けた患者さんが来るのです。
技術が向上しても検査の腕がまずくて、強すぎる度数入力して削ったり、眼病があったりしてリスクの高い患者を手術してしまうから、被害がいつまでも収まらないんですよね。


こうなった場合の対策も救済も今の時点ではゼロですので、レーシックやリレックス、そしてICLなどの屈折矯正手術は、やめておいたほうが良いのではないかと思われます。
何度も言いますが、日本眼科学会の眼科専門医は後遺症の研究を何にもしてませんよ?


さて
皆さんこんにちは!レンコンです。
元気にお過ごしですか?
レンコンは遠視眼鏡とフレネル膜のせいでちょっと元気になってきました。

テレビもパソコンもスマホも使えないけど、一番ものすごい時は、気持ちが悪すぎてずっと座ってどうしてこんなに目が痛いのか理解できなくて眼科医学書やスネル解剖学をずーーーーーっと調べてるだけという毎日でした。だから、料理のレシピ本を見る気になっただけでも感謝しないといけませんね!


今日は使おうと思っていたネタ本が埋もれて見つからないので、「レーシック難民の静かな生活」についてちょっと記述しておこうかと思います。
レーシック難民になった場合、どうすれば痛くない生活ができるのかということですね。


1,パソコン、スマホ、テレビなど、液晶画面は極力避ける。映画も見ない。

レンコンはLEDリトマス試験紙と化してるレーシック難民で、LED機器を使うとすぐに目が痛くなります。
現在のLEDはかなり質が良くて、一見白熱灯にしか見えないものも有りますが、レンコンにはLEDだと目の周りが収縮するので、「これはLED!!」と分かってしまうんです(すぐに分かるのではなく、じわじわと目が痛くなってくるので分かってしまう。わかりたくないけど)。

この間もコメダ珈琲の照明がLEDでそれから3日くらい目が痛くてのたうち回って過ごしました。
多分もう二度と行くことはないだろうなコメダ珈琲

加えて両眼視機能に異常をきたしているため、動くものを見るのはとても苦しいです。
パソコン、テレビ、スマホなどの「光って、かつ動く」ものはレンコンの目の痛みを激しく悪化させます。

だから、今これを書いている端末も、中国のE-inkという技術のBOOXというアンドロイド端末なんですね。
E-inkモニターというのは液晶モニタと違って光らないモニターです、
このBOOXという端末は処理速度も表示速度もかなり遅いですが、この端末を使うことで、かなり人生楽になりました。ネットから切り離されると生きていけませんしね。

ただ、この端末でブログを書くのは結構大変です。もっと早くてアプリも同時起動できる端末がゲットできるといいなぁ。

このBOOX、レーシック難民でスマホが我慢ならんようになってきた…という方にはものすごくおすすめです。

光らないって素晴らしい!!

安い奴は3万円くらいからあります。レンコンの持ってる奴は古いモデルで遅いのですが、最近はもっとメモリ積んだ処理速度が早いものも発売されてますのでね。

もっとお金のある方はPaperlikeProって言うモニターがでてるようです。
これはアンドロイド端末ではなくPCに繋いで使う「モニター」で、BOOXよりもかなり早いです。マウスも難なく表示されます。持ち運びの必要がないならこっちを買いたいな。
しかし日本の価格が15万円くらいなので、経済的苦境に立たされてるレーシック難民にはきつすぎますね。

後、当たり前ですが、映画も光って動きます。従って、映画も見ないに限ります。
レンコンの場合、見たい映画があったら音声吹き替えをビデオやで借りてきて、音だけ流します。

「途中で分けわかんなくなってきたな」と思ったら巻き戻して聞きます。

映画館だとこれが出来ないから、ビデオが出るまで我慢ですね。

この世界の片隅に」とか「シン・ゴジラ」はこの方法でなんとか理解しました。


2,イオンなどのLEDを使用している大型ショッピングモールを避ける

前に書いたとおり、レンコンはレーシック受けて以来、LEDリトマス試験紙と化しています。
大型ショッピングモールは大概LEDなので、入店が不可能な感じです。残り少ない目のHPを温存するためには入らないに限ります。

とは言え、2020年までに公共施設を全てLEDにするとか言う狂った計画があるようですが、その場合は眼科負担で何とかしていただけ無いと困るし、そのようにしてくださいねと考えてます。
そもそも日本眼科学会が「眼科専門医がやれば安全でーす」「後遺症は少ないでーす」と宣伝されていた手術なんでね。


3,夜は早く寝る
レーシック難民だと目のHPが限りなく低いので、睡眠不足はてきめんに目に来ます。

従って、レンコンは夜は遅くても10時には寝ています。そうしないと次の日持たないんで。

目が痛すぎて、夜中に目が覚めて、その後朝になるまでずーっと眠れないことも有ります。その場合も起きないで無理やり目をつぶるようにしています。
起きて目を使うと大変なことになってしまうのでね。


4,多少見えなくても遠視眼鏡かけ近視気味にする
レンコンは遠視眼鏡かけてます。この眼鏡かけると視力は1.0以下になります。しかし、眼鏡をかけないと目が緊張しすぎて夜眠れなくなってしまいます。それが続くと命が危なくなってしまうので、見えなくても眼鏡で近視にして調節負荷をかけないことが大事だと考えてます。

目が痛くて寝れない=鬱=自殺コースも有りますのでね。目の痛みによる不眠は一番辛い後遺症の一つかもしれません。


5,後遺症について、周囲に言っておく
レンコンの場合サングラスだしフレネルだし、一目見て「あっこのひと目の病気じゃない?」って外観なので、出来るだけ自分がレーシックの後遺症があることを人に話すようにしてます。

エクセル作業を申し付けられても、BOOXじゃ対応できません。イオンモールへの買い出しも御免です。健常者と違い、レーシック難民には出来ないことも多いので、最初から「私は○クリニックで被害を受けたレーシック難民で、こういうことが出きません」ということをフルオープンにしておいたほうが人生が生きて行きやすいのかなと思ってます。


6,仕事は変える
レーシックを受ける前レンコンの前の仕事は、ものすごく労働時間の長いIT関係でした。スゴイ人気のある会社と職種だったのにな。しかし、その会社に勤め続けることはレーシック難民には絶対に無理なので、転職です。

今、収入は10分の1以下になったけど、180度分野の違う仕事して、治療費を捻出してる状態ですね。


7、車には極力乗らない
レンコンはレーシックしてから眼位異常を発症しました。眼位異常だと、動いているものを見た時に激しく気分が悪くなるんですね。

数年前、家族がレンコンを2日くらいのドライブ旅行に連れてってくれたんだけど、後ろの座席でずっと死んでました。料理が美味しい旅館に泊めていただいたけど、気持ち悪さのダメージが残っていて料理の味なんて覚えてません。

加えて、レーシック難民になるとコントラスト感度が落ちます。これにより、暗所視力も下がり、夜間の運転は危険になります。

同じレーシック難民の染井さんとかクロネコさんが車を手放した理由がよくわかります。



こんな感じで、レーシック手術受ける前よりだいぶ不便な生活送ってますね。ほんとに手術前に戻りたいわ。


一言で言うと「レーシック難民になったら、人生、諦めが肝心!!」。

これ、レーシック難民の自分が自分に言い聞かせるのはともかく、フツーにレーシック医の口から発されることもあるので、逆上して飛びかからないように注意が必要です。


それではレーシックを受けた方はどうかご自愛下さい。

そしてレーシックを受けようか興味を持っている方は、レンコンの生活をよく見てレーシック受けるのかご検討下さい。

普通の近視はメガネで矯正できますが、レーシック後遺症はメガネでは到底元に戻らん感じですよ!