LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

レーシック後、視力が落ちちゃうのはどんな人?の巻

※2017年10月13日 経度近視→軽度近視に修正しました。突っ込みくださった方ありがとうございます。そして恥ずかしい…。

 

皆さんこんにちは!れんこんです。

さて、いきなり選挙についてですが、

レーシック問題について初めて国会で取り上げてくださり、消費者庁にも患者と出向いてくださった三谷英弘さんが2017年の衆議院選挙で神奈川8区から立候補しています!!がんばれー!!

mitani-h.net

三谷英弘さんは、レーシック問題でも存在感を発揮されていましたが、消費者問題や離婚における親子断絶など、市民の身近な問題にも進んで取り組む貴重な議員さんです!

三谷議員が理事を務めてる消費者問題対策の団体「一般社団法人消費者の未来を考える会」。

消費者のみらいを考える会 - 一般社団法人消費者のみらいを考える会

 

神奈川8区の方は要チェックしていただけると助かります。

 

最近のレーシックニュース 極楽とんぼ加藤浩次さんのレーシック後の視力低下

極楽とんぼ加藤浩次さんのレーシック後からの視力低下が話題ですね。

blogos.com

9月30日放送の『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(MBSラジオ)にて、加藤浩次レーシック手術について語っていた。

「レーシックやったって言ったじゃん。で、今、視力どんどん落ちてんのね。昨日、病院行ったんだよ。右目が0.9、左目が0.5で。

両目1.5、1.5まで行ってたんだけど、どんどん下がってて。

http://blogos.com/article/251116/

 レーシックに関心がある皆様なら多くが、この極楽とんぼ加藤浩次さんみたいに

「レーシックした後も視力は下がることがある」

…というのをご存知だと思います。

この視力低下について、レーシックをしている眼科はこう説明します。

Q-30:回復した視力は一生そのままですか?元に戻ってしまうことは?

A:レーシックの効果は時間の経過で劣化することはありません。手術によって回復した視力は、ほとんどの場合、そのままの状態を維持できます。

ただ、視力は環境によって悪化することもあるので、目に望ましくない生活を続けていれば、視力が再び悪化する可能性はあります。

(「イントラレーシックで近視が治る!」品川近視クリニック院長 青山勝 2006年1月30日 発行ビーファイル 発売ブックマン社 P.130より)

www.amazon.co.jp

 

「レーシックの効果は経年で劣化することはないが、目に望ましくない生活を続けていれば視力は再び悪化する可能性はあります」…だから手術を受けた方は「そうか!視力を維持するために目に悪い生活はしないようにするぞ!!」って思われるんですよね。

会社の人に聞いたが、視力が下がるのが嫌でレーシックしてから仕事辞めて専業主婦になった方いたそうです。それもどうかと思うけど。

 

だがしかし、実際は医者は術前に「この人レーシックしても視力はまた落ちそうだなぁ」って言うのが分かってるんですよ。

レーシック眼科医は、あらかじめレーシックした後に視力低下しちゃう人の特徴が分かってるけど、あえて言わずにレーシックしてるってことです。

 

 

レーシックしても視力が落ちちゃうのはどんな人か?

それは、術前の近視の度数が大きかった人です。

 

下記、慶応大学眼科学教室の根岸一乃先生という方が書かれてる著書から引用いたしますよ。

www.amazon.co.jp

f:id:rennconn:20171010134014j:plain

なんと、フツーにマイナス12Dまで削ってるよ慶応大学。ガイドライン違反です。

まず、ガイドライン違反の慶応病院によれば、マイナス3D未満の軽度近視の方は、レーシックして1年後も視力は良好みたいです。うん、よかったね。

 

このグラフを見ていただければよく分かると思いますが、マイナス3D未満の軽度近視の方がレーシックを受けた場合には、手術後には88.4%の方が1.0以上の視力を得ています。裸眼で車を運転できる視力である0.7を基準にすると、100%の方がクリアしています。

レーシック手術のウソ、ホント 近視レーザー手術の疑問点を解消」慶応義塾大学医学部眼科講師 根岸一乃 2005年5月 発行:メディカルサロン 発売:星雲社 P.19より

 

マイナス3D未満だと、その後の視力良好。しかし、そもそもマイナス3D未満の軽度近視だと、40代になって老眼が顕在化した時、もとからあった近視と相殺されて一番見やすくなる度数のはずで、それを考えるとレーシックむしろしないほうがいい度数であることが皮肉を感じさせますね。

日本眼科学会の屈折矯正手術のガイドラインにもそのように書いてあるし。

慶応大学病院ではではこういうことちゃんと患者さんに術前に説明しているんだろうか?ちょっと不安になってきました。

。。。3D以内の近視については老視年齢に達した時にデメリットが生じる可能性があること、屈折矯正手術後に何らかの疾病で受診した場合、本手術の既住について担当医に申告することを十分に説明することが望まれる。

http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/lasik.jsp

 

さて、マイナス3D以上の人はどうでしょう?

マイナス3D~6D以内の近視の人はマイナス3Dの方より術後1年の視力が出ていません。しかし、96.7%が術後1年で0.7ということは、回復度としては結構いいのではないかと思います。

マイナス3D~マイナス6Dの中度の近視の方は、80.3%の確率で1.0以上、96,1%で0.7以上の視力を得ています。

レーシック手術のウソ、ホント 近視レーザー手術の疑問点を解消」慶応義塾大学医学部眼科講師 根岸一乃 2005年5月 発行:メディカルサロン 発売:星雲社 P.19より

 

それでは、日本眼科学会のガイドラインによればレーシック手術の適応上限とされているマイナス6D以上の近視の方はどうなんでしょう?

マイナス6D~マイナス9Dはこんな調子です。

マイナス6D以上の方がレーシックを受けた場合、やや精度が落ちています。手術後1.0以上の視力を回復できたのは全体の63.2%という結果が出ています。強度の近視を矯正するためには角膜をたくさん削らなければなりませんが、そうなるとどうしても誤差の幅が広くなってしまうのです。

レーシック手術のウソ、ホント 近視レーザー手術の疑問点を解消」慶応義塾大学医学部眼科講師 根岸一乃 2005年5月 発行:メディカルサロン 発売:星雲社 P.19より

 

そして、文章には書いてませんが、慶応大学病院はガイドラインでギリ適応のー9Dから、完全に適応外のマイナス12Dまで手術しちゃってるみたいなのですが、このカテゴリの成績はもっとひどくて、

1年後1.0の視力が出た人は56.5%しかいなくて、0.7すら出ない人が26.1%=5人に1人という風にこの図には載ってます。

 

まとめ

レーシックは術前に患者さんに屈折度数を知らせない病院がたくさんあります。

これは、はっきり言って詐欺だと思います。

 

術前に視力低下することがある程度わかっている屈折度数の人であれば、それを説明してからレーシック手術を受けるかどうか決めさせるべきです。

 

レンコンもそうですが、レーシックの被害者にはマイナス10Dを超えているのに、適応外であることを知らされないでレーシックされた人が非常に多いです。こういう人たちの中には、レーシックした後からすぐに視力が落ち始め、1か月たたないうちに0.1くらいになってしまったという方もいます。

 

しかし、現状レーシックを推進する病院はこういうことすら患者に説明しません。

上述した品川近視クリニックのレーシック後の視力低下に関する記述をもう一回載せときます。ほらねー。

f:id:rennconn:20171010144843j:plain

レーシックに対してまだ後ろ髪をひかれている人は、こういうことをよく知って、自分の屈折度数を調べてから手術を受けるか考えられた方がいいと思います。

 

ただ、レンコンが思うにレーシックの後遺症が近視による後遺症が視力低下だけであれば、極楽とんぼ加藤浩次さんではないが、まだマシだと思います。

削りすぎて過矯正で遠視にされるとメガネでもなかなか良くならなくて、みんな失職したり、停職したり一家崩壊したり、地獄を味わっておりますから。

 

過矯正による術後遠視は絶対避けたいところです。

 

 

それにしても今回改めて衝撃だったのは、
慶応大学病院もフツーにガイドライン違反しているではないですか

ということ。

(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

レーシック問題の恐ろしいところは、ベルトコンベア式の品川近視クリニックみたいな病院だけじゃなく、慶応大学病院や南青山アイクリニックみたいな「私、大学病院ですから美容系と比べてまじめにやってまっせ!」系の病院でも容赦なくガイドライン違反していることです。

 

lasikganni.hatenablog.com

 

莫大な利権が絡む(今は衰退しちゃったので「絡んでいた」の方が正確かな?)レーシックの問題というのは、とっても根が深く、慶応のような大学病院まで侵されちゃっている病院なんですよね。

「慶応大学病院で働いている医者=品川近視クリニックでバイトしてる医者」だったり、「品川近視クリニックで働いている医者=南青山相手クリニックで元々働いている医者」だったりするのです。

lasikganni.hatenablog.com

lasikganni.hatenablog.com

こういう現状を見ると、レーシックの被害者が救われるのはホントいつの日かなと思いますが、とりあえずレーシック手術の合併症が一般に浸透してきたのはいいことだと思いたいです。