LASIK術前術後に眼位検査とサイプレジンでの潜伏遠視の検査をしてほしい

元一部上場企業のOLがレーシック後遺症で失職、視覚障がい者寸前になるブログです。moto

レーシック後の眼位異常 徒然②

皆さん、こんにちは。レンコンです。

先日に引き続き、今日も眼位異常のことを書きますね。

 

前のブログはこちらです↓

lasikganni.hatenablog.com

 

レンコンの眼位異常ですけど、水平(横方向)にずれたのもさることながら垂直方向(縦方向)に激しくずれたのです。

「強度近視の眼鏡による屈折異常矯正ではあるが、プリズム矯正が全く必要ない状態→中程度遠視で垂直10プリズム以上ある状態」への変化は、少なくともレンコンはすごく辛かったです。

 

 

目が痛くて眠れなくなったりすることも何度もありました。

 

 

症状について話すときは、できるだけ冷静にならないといけないのに、医療スタッフさんの前で泣いてしまったことも実は何回かあるのです。

あの時、レンコンの話を優しく聞いてくださったスタッフさんには、本当に何とお礼を言って良いのかわかりません。

 

 

レンコンは何とかこの状態でも生きていられるだけましだけど、同じように屈折矯正手術後に眼位が激しくずれた方の中には、苦痛で精神病院に入院した人もいました。

 

退院され、斜視手術されて、遠視の治療もされて社会復帰されたようなので、本当に良かったと思います。

 

 

レンコンの眼位異常に戻りますと、縦ずれは景色とか見てる時に合わせると、パソコンで文字とか打つ時に激しくずれ、パソコンで文字を打っているときに合わせると、景色診てるときに激しくずれる感じです。変動が激しすぎる…

 

 

これにさらに縦ずれの数倍ある横プリズムが入り、その値も角度も変動するので、レンコンの斜弱視の専門医さんは「うーん、手術するにしてもどうしようね~」と言う状態になっています。

 

私だって正直手術なんて受けたかないんだよな。

レーシックで眼痛だのドライアイだのまぶしさだの、12時間寝ても全く効果ない眼精疲労だの、失職だの、本当にものすごい目に遭ったわけだから。それに、将来白内障手術でまた近視に戻す予定だけど、その時斜視手術を受けた事がどう作用するのか予測不能だし。

 

 

しかし、垂直プリズムは生活に与える苦痛が計り知れないので、これは矯正したいなとは思います。難しいですね。

 

 

ちなみに、斜視手術しても遠視眼鏡が無いと、明るいところで眩しすぎる上、眼痛が激しいので、やっぱり眼鏡からは逃れられません。

 

 

まぁ「今後の生活もメガネが絶対的に必要」という事自体は、何もつけなかったら生きてるだけで目が痛いレーシック難民にとっては、辛くもなんともないことなんですけれどもね。

 

 

そんな感じで眼位異常について徒然書いてみた次第です。

余りお役に立つ情報はないかもしれないですが、読んでくださった方にはお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

レーシック後の眼位異常 徒然

こんにちは!レンコンです。

もう12月なのに、関西在住の方に「コートいらない」宣言される昨今、皆様いかにお過ごしでしょうか?

 

レンコンは眼位異常の矯正に苦労してます。

 

レンコンはレーシックする前に屈折矯正ガイドラインのー10Dを完全に超えてる近視だったんですけど、近視の私的だけで、眼位異常の指摘をされたことは全くなかったんですわ。

 

だけど、レーシックを受けてからどんどんずれ始めて、今はフレネルなしだと近くも遠くも派手に2重に見えて残念な景色です。うちの近所の1階建てのジョイフルが、いつでも豪華2階建てに見えます。

 

余りにずれて眼科の先生にも「フレネルの度数上がりすぎて見えにくいと思うし、手術かねぇ…」って言われちゃってるんですけど、その手術していただく度数を決めるのもレーシック難民だと大変なんです。

 

 

何故かと言うと、前述の通り、レンコンは術前は不完全とは言え一応両眼視できてたんです。

それがレーシック後に眼位異常が増悪してくると、元々両眼視できてたので、両眼視し続けようとするもんだから、筋肉が頑張ってしまい、正しい眼位異常の数値を出すのにとても面倒なことになるのです。

 

 

要するに、フレネル膜を例えば最初は5プリズムあたり貼ってみて、それを1か月ばかり使ってみて、それでもまだ目が疲れたり、外斜で二重に見えるなら、更に8プリズムのフレネル膜購入して増量して…っていう手続きになったわけです。

 

そんな感じで今まで何枚フレネル張り替えたか最早わからないくらいフレネルに投資してきましたが。そのおかげで経験として色んなことがわかりました。

 

例えば、以下のようなことがわかりました。

  • 斜位だと目が疲れるけど、内斜位でもものすごく目が疲れる。夜眠れなくなるくらいは普通に目が痛くなる。
  • 水平ずれもしんどいが、垂直ずれはさらに破壊的な影響力を及ぼしてくる。
  • レンコンの場合、眼位異常だけを矯正しても無駄。遠視の違和感もものすごいので、遠視と眼位異常を療法矯正しないと日常生活を送ることは不可能。

 

何といえばいいのか、何もわからないのも地獄だったけど、分かるようになって、「方向性がわかる地獄」になったことはいいことなのかもしれない…だけど、「方向性のわかる地獄」にするためにも、患者にはものすごい時間がかかります。2年くらいは軽く過ぎていきます。

 

レーシック難民は後遺症のせいで、よく休業状態になりますが、休業期間内で済めばいい方ですよね。ほとんどの方は休業期間足りなくて失職しちゃいますから。

 

 

でも、「斜視手術のせいで何とか社会復帰できたよ」というレーシック難民の方もいらっしゃいますから、頑張って眼位異常の方向性と数値を探り出して何とか斜視手術を受けたいなと思ってます。

 

レーシックの後遺症で眼位異常になった方、もし良かったら情報交換してください。

そんな感じで今回は徒然でした。

 

 

 

 

 

 

 

レーシック宣伝サイト「眼科治療ナビ」のトップは集団提訴中の品川近視クリニック!!

レーシック被害者の皆様、こんにちは。屈折矯正手術に興味のある方もこんにちは。

レーシック被害者のレンコンです。

 

さわやかに晴れが続く秋ですが、皆様いかにお過ごしでしょうか?

 

 

レンコンは日差しが弱まりホッとしてます。だって日差しが強いと、目の周りの筋肉がキューっと締め付け感に襲われてめっちゃ痛いんですもの。

 

 

プリズム矯正すればマシになるけど、レーシック後に羞明と眼位異常に悩まされる患者も少なくないなら、レーシック手術前に眼位検査して、眼位異常は不適応として手術しないでいただければ一番いいですよね。失職した人も多数なんだから。

 

 

さて、

医療広告ネットパトロールもネット上での口コミ取り締まりに力を注ぎ始めた昨今、未だに頑張って口コミランキングで品川近視クリニックなどの美容系レーシックをお勧めするページがあるんですわ。

 

 

その名も、眼科治療ナビ

f:id:rennconn:20181113112655p:plain

医療広告ネットパトロールさん!お仕事ですよ!!

 

ちなみに「眼科ナビ」のランキング第2位は、神戸神奈川アイクリニックです。

芸能人の体験談を掲載したり、レーシック被害者の会のツイッターアカウントをブロックしたクリニックですね!!さすが!!

lasikganni.hatenablog.com

f:id:rennconn:20181113121750p:plain

 

そして3位は南青山アイクリニック。

お医者さんがかぶっていたり、院長がかぶっていたり、集団提訴中の品川近視クリニックと、とってもつながりが深いところですね。

lasikganni.hatenablog.com

lasikganni.hatenablog.com

 

なかなか興味深いランキングをしてくれるこのサイトですが、運営元は「比較市場」とあります。

f:id:rennconn:20181113115710p:plain

 

 

調べてみたら知恵袋に「比較市場は色んなカテゴリにおいてステマを繰り広げてる会社だよ♡」とご指摘がありました。

健康食品の青汁や水素水などの健康食品、派遣比較サイトなど、多方面でご活躍中の会社みたいです。

f:id:rennconn:20181113115610p:plain

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

このようにうさん臭さ満開のステマサイトですが、レーシック被害者の皆様は実体験として頭にランキングが作成されていると思いますので、多分「レーシック口コミサイト」にもう騙される可能性はだいぶ少なくなったのでは?と思います。

 

 

レーシック被害者じゃない方は「ステマサイト」というのがどんな感じで出来上がってるか多分想像もつかないのではないかと思われるので、下記記事を参考にしていただければ幸いです。

lasikganni.hatenablog.com

f:id:rennconn:20181113122533p:plain

要するにお金で特定クリニックの体験談を作成して作ってるんですよね。この手のサイトは。

  1. お金くれるクリニックの体験談をクラウドワークスとかランサーズで「購入」する。
  2. ランキング上位にもってきて、リンク張る。
  3. クリックした人が手術を受けたら、クリニックからお金もらう

っていう方式ですよ~。

 

 

こういうステマサイトに関しては、ネットでは厳しい規制の効果もあり、だいぶマシになってきました。

 

 

しかし最近は紙媒体も要注意で「出版社」が

「あんたの所を名医と持ち上げる記事を書いたるから、金出せや?」と持ちかけてくる場合もあるので「名医ランキング」みたいなものは基本相手にしない方がいいのかな…とも思います。

 

 

 

このツイッターの書き込みにもあるように、貴方の身体を狙ってるのはレーシック医だけではありませんよ~。

 

 

そんなわけで恐ろしい世の中ですが、変な情報に惑わされないように注意して生きていきましょうね!

 

 

読んでくださってありがとうございました!!

【悲報】被害者の会のアカウントが神戸神奈川アイクリニックにブロックされる+【朗報】KKクリニックのICL被害者ブログが更新される

レーシック被害者の皆さん、レーシックやICLなど屈折矯正手術にご興味を持っておられる皆さん、こんにちは!

ガイドライン違反のレーシック被害者、レンコンです。

 

 

最近のニュースなんですが、

レーシック被害者の会はツイッターにアカウントを持っています。

その被害者の会のアカウントが、

美容系レーシック大手の

「神戸神奈川アイクリニック」から

ブロックされてしまったみたいなんですわ。

f:id:rennconn:20181030093331p:plain

 

ま、でも、最近「ICL=眼内永久コンタクトレンズ」が好調な

神戸神奈川アイクリニックからしてみると、

ICLの被害ブログとか、被害に関する弁護士相談の情報

記事内容が指定されてる神戸神奈川アイクリニックの

体験談募集情報などを発信してくる

レーシック難民を救う会のアカウントは

気に食わなかったかも…ですね!!

 

f:id:rennconn:20181031111233p:plain

lasikganni.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

さて、次の話題に移ります。

前述した神戸神奈川アイクリニックが

宣伝している屈折矯正手術ICL

=永久コンタクトレンズですが、

このICLを大手KKクリニックで

失敗された患者さんが、

被害ブログをやってるよ!!

という話を、

レンコンのブログで以前にご紹介したと思います。

lasikganni.hatenablog.com

 

ブログの大元はここです。

ICL手術で失敗しました。

 

この患者さん、2.0の視力にされ、

過矯正の苦しみで毎日動悸、吐き気、全身痙攣するくらいなのに、

ICLを施術した大手「KKクリニック(原文ママ)」から

「視力が出れば成功」と言われてしまいます。

 

 

KKクリニックの執刀医Kには

「目が慣れるまでの辛抱です」とか言われますが

頭痛と吐き気が止まらず、

朝は痙攣とともに目覚める状態なので、

結局ICLを抜去されたそうです。

 

 

この被害者さんが、久しぶり(4か月ぶり)に

ブログを更新されたんですわ。

ICL抜去してから1年経過だそうですが、KKクリニックが宣伝するように「元に戻せるICL!!」=術前の状態に戻ったのでしょうか?

 

 

北沢さんのブログを引用させていただきます。

 

blog.livedoor.jp

 

さて、レンズ摘出から約1年が経過しようとしていますので現在の状況を書いていきたいと思います。


右目:飛蚊症

レンズ摘出後から、染色体のような小さく黒い影が視界に映るようになりました。

これは「飛蚊症」と呼ばれる症状で、眼球内の硝子体という部分に異常が発生し、影が投影されることです。僕の右目はいま、いくつもの小さな影がうごめいています。

白い物を見ると、それが顕著に表れます。例えばPCの画面や書類などです。

いずれ治るかもしれないという淡い期待を持っていましたが、1年経っても治る気配すらないので、たぶん一生このままなのでしょう。


左目:ドライアイ

左目はひどいドライアイです。
さらに目が乾き始めると、手術の際に切開した角膜の上側が痛いです。

おそらく角膜が変形してしまったために強く擦れるようになったのだと思います。

 

増していく疲労

デスクワークを1~2時間やったあたりから眼が疲れてきて頭痛が始まります。

パソコン作業で目が疲れることは誰にでも起こりますが、作業開始から短時間で不調になるのは手術後からです。これでも多少はましになった方ではありますが、全治には程遠いようです。


まとめ

手術前の自分に戻りたいです。

意気消沈している日々ですが、少しずつ元気になれるように頑張っていきたいです。

 

blog.livedoor.jp

 

・・・( ;∀;)

 

被害者の「北沢さん」のブログを読んでいただければ

わかると思うのですが、

この北沢さんという方は、こんな目に合われたのにもかかわらず、

とても理知的に真摯に文章を綴っておられると思うのです。

だからこそ余計にやるせないというか…。

 

 

それともう一つなんですけど、日本眼科学会に言いたいこととして

「今まさにICLでもレーシック被害と

同じことが起こってるわけだけど、

日本眼科学会はレーシックと同様、

またもや知らんぷりかい?」

ってことです。

 

 

ICLガン押している医者は、

日本眼科学会ぐるみで押してたレーシックの時とは違い

限られた状態ですが、それでも放っておくのはどうかと思います。

せめて、

「ICLにはリスクもある」

「元に戻せると宣伝する医療機関もあるが、

完全に元通りになるような表現は不適切」

という情報くらい、学会HPで出してはどうかと思います。

 

 

日本眼科学会が出す情報であれば、患者さんたちも

それなりに受け入れるのではないかと思います。

 

 

 

そんな感じでレンコンでした!

読んでくださった方、どうもありがとうございます!!

【悲報】元品川近視クリニック副院長、冨田実「眼科専門医」の「冨田実アイクリニック」のグーグルレビューが残念なことに!【後編】

前回までをさくっとまとめると、

元品川近視クリニックの副院長の眼科専門医、

冨田実医師は、

品川近視クリニックがレーシック被害の集団提訴を複数受ける前後の段階で品川近視クリニックをやめて、品川近視クリニックの副院長であったことを経歴から消し、銀座に「冨田実アイクリニック銀座」を開いたのですが、

その「冨田実アイクリニック銀座」のグーグルレビューが、

元々冨田医師が副院長していた「品川近視クリニック」を下回ってしまっている…!!!

という残念なお話です。

 

 

この記事の前編はこちらです。

lasikganni.hatenablog.com

 

 

さて、この「冨田実アイクリニック銀座」ですが、

「クリニック選びで注意する点」という文章があり、

最初からパンチ効いてます。

f:id:rennconn:20181018140627p:plain

クリニック選びで注意する点!

●安い価格で来院すると高額なプランを勧めてくる
●誰が自分の主治医なのかが解らない
●毎回のように担当の医師が変わる
●毎回のように医師の診断が違う
●自分に必要な治療なのかが不明である
●知人や家族を紹介すると高額な謝礼がもらえる
●院長が診療を一切行っていない
●院長が眼科専門医ではないクリニック
●診察・手術・術後のケアが分業制のクリニック

角膜強化型レーシックで視力回復|冨田実アイクリニック銀座

 なんだろうなぁ。

冨田実医師、自分が副院長まで勤めてた

「品川近視クリニック」が、

実は嫌いだったんじゃないの('Д')?

と思いたくなるような内容ですね。

 

 

そしてさらにこの「冨田実アイクリニック銀座」、

前にも書いたかもしれないけど、

厚生労働省が定めた医療広告ガイドライン

破りっぷりがすごいのです。

 

 

医療広告ガイドラインでは 体験談などは病院HPに掲載禁止なんですけど、

この冨田実医師は集団提訴がいくつも勃発してる品川近視クリニックの

元副院長だからなのか、そんなものは屁とも思いません。

f:id:rennconn:20181018134522p:plain

体験談|冨田実アイクリニック銀座

 

あの神戸神奈川クリニックさえ、体験談ページは別サイトに

飛ばしたくらいの用心深さなのに、

医療広告ネットパトロールの発足以来、ここまで露骨な体験談の掲載は、

私、初めて見ましたわ('Д')。

行政には是非に素早い取り締まりをお願いしたいものです。

 

 

あと、優良誤認と言って、他と比べて特に優れている旨の記述も医療広告ガイドラインでは禁じられているんです。

2018年厚労省の資料を引用しますよ~。

f:id:rennconn:20181018141339p:plain

 

それではこの「冨田実アイクリニック銀座」のHPはというと…

f:id:rennconn:20181018142939p:plain

主な実績|冨田実アイクリニック銀座

「ベストアワード受賞」とか「偉業を成し遂げる」とか

医療広告ガイドラインに照らし合わせれば一瞬で焼け野原になりそうな勢いです。

厚生労働省がちゃんと仕事してれば)

 

 

さて、こんな自称名医の冨田先生なんですけど、

グーグルレビューでは、名医っぷりが伝わってこないんです。

 

以下、「冨田実アイクリニック銀座」のグーグルレビューを引用します。

 

10年前にレーシックの手術を他院で受け、視力が下がってきたので、視力改善の相談に本院に行ったところ、2度目のレーシックもコンタクトも不可、フェイキックを受けるよう勧められ、1年前に手術をしました。
近視を直すと老眼になるのでとのこと、老眼鏡もいれた手術です。
術後視力が回復せず先生に相談したところ、レーシックで微調整しましょうとのこと、今日スグにとのことでしたので、診察のあとすぐにレーシックをしました。
先生に当初レーシックは出来ないと聞いたのですがと質問したところ、できないわけではないとの回答でした。
 

 

 
この患者さん、
最初に冨田実アイクリニック銀座で
「レーシックはできないからフェイキックで」と言われたのに、
フェイキック入れた後に「微調整」とレーシックされ、
「当初レーシックできないと聞きましたが?」と尋ねたら、
「できないわけない」と言われてしまったようです。
それなら何で最初からレーシックじゃなかったのか…???
患者さんもびっくり!ですよね~
 
しかも、まだ続きがあるんです。
 
 
 
術後半年検診、10か月検診などで視力が思ったように上がらない旨先生に相談したところ、これ以上視力をあげたければメガネをかけるしかないという本末転倒な回答でしたので、眼内にレンズ権威の先生に診察をお願いしました。

結果、冨田実アイクリニックでいれた、レンズは外すことにしました。
冨田先生からの説明にあった世界標準のレンズというものも、スタンダードではなく、認可がおりているのだか降りていないのだかわからないインド製で、冨田先生にコンタクトは出来ないと言われていましたが、コンタクトの使用も可能とのことでした。
 
 
何より信じがたいのが、権威の先生へかかるための紹介状を書いてもらったところ、紹介状に、冨田実アイクリニックで受けた2度目の調整のためのレーシックの記載がなかったことです。全てのお医者様が、同じ意見なんてことはないと思いますし、多少の認識の差はあると思います。ですが、それ以前のレーシックはできない、コンタクトはできない、レンズは世界標準。などを考えると紹介状の治療履歴の誤記は意図的なものと思う方が自然です。
 

また、現在白内障の症状がでています。発展途上のレンズをいれたことにより、白内障が進む症例が過去にあったようで、レンズによる影響を疑わしく思っています。
手術をお考えの方、すでにお受けになっている方には、是非セカンドオピニオンをお勧めします。
 

 

うーん、言葉が出ないですね。

 

 

フェイキックに関してですが、冨田実アイクリニックに限らず別のクリニックでも、

白内障になったり、

・安心レーシックネットワークでレンズの大きさが間違えられて

 地獄の眼痛に見舞われたり、

・過矯正で全身痙攣されたりしてるので

手術を受けたい方はフェイキックの暗黒面についてよく良く調べられた方がいいかと思いますよ。

 

 

フェイキックの暗黒期時を以前にいくつか執筆したので載せておきますね。

一番大手で受けたのに残念なことになっちゃったICL被害者さんのブログ。

 

ICL手術で失敗しました。

http://blog.livedoor.jp/maetel_m-icl/

 

lasikganni.hatenablog.com

 

 では「冨田実アイクリニック銀座」の次のレビュー行きます!!

 

老眼手術のフェイキックIOLをしましたが、近くが見えずに直ぐにレンズを外すことになりました。 
その上虹彩に穴をあける手術を事前に何の話もなく実施したため、今でも見え方がぼやけることがある。
ここでしか出来ない手術とうたっていますが、よく考えた方が良いと思います。 
100万円近くどぶに捨てました。先生は一生懸命やっているように見えますが、患者が多すぎて無理がありますし、やはり金儲け主義の病院だと思います。
 
 

 

事前に何の了承もなく光彩に穴をあける手術されたら、
そりゃ普通の患者さんは怒りますよね。説明義務違反じゃないの?
100万円払って見えにくくなるって、
HPの優良誤認オンパレ記載からは予測不能だと思います。
弁護士には相談されたんですかね~。
 
 
次です。 

高い料金を払って飛蚊症のレーザー治療をしましたが全く効果なし。
予約して行っても毎回3〜4時間待たされ診察は1〜2分が当たり前です。
待合室には下品と思える程に沢山の賞状が飾ってありますが価値のある賞なのかは不明。
自らを「世界の冨田」と仰っていますが残念な印象でした。
スタッフさんの対応は悪くないですが、おすすめは出来ません。

 

 

最近よくレーシック眼科で宣伝されてる、自由診療

最新の飛蚊症のレーザーってどうなんでしょうね?

レーシック被害者の会には「レーシック後、飛蚊症になり30個くらい虫が飛んでるよ」という方が結構いらっしゃいます。

フラップ作るときの眼圧上昇のせいなんですかね?

 

冨田実先生が品川近視にお勤めだった時期の患者も多いから、治療してもらえないかと思ってましたが、効果がないんじゃ意味ないですね。


次です。

 

1時の予約で、診察は5分で終わりました
会計が済んで医院を出たのは3時です
2時間55分はひたすら待合室で待たされました
予約する意味はあるのでしょうか

冨田実アイクリニック銀座 - Google 検索

 

こんな感じかな。

銀座付近で眼科をお探しの方は、このページをご参考にしていただけれ

ば本当に幸いです。

 

 

最後にもう一回書いておこう。

「富田実アイクリニック銀座」の院長、眼科専門医の冨田実は、

今は経歴に書いてないけど、集団提訴中の品川近視クリニックの

元副院長をしていた男ですよ!!

f:id:rennconn:20181018150558p:plain

 

読んでくださって本当にありがとうございました~。

 

 

 

【悲報】元品川近視クリニック副院長、冨田実「眼科専門医」の「冨田実アイクリニック」のグーグルレビューが残念なことに!【前編】

レーシック被害者の皆さん、レーシック被害にご興味をお持ちの皆さん、こんにちは。レーシック難民のレンコンです。

 

 

さわやかな秋晴れの天気ですが、レーシック難民は明るいところだと眩しくて目が痛いんですよね。ただし、夏の真っただ中よりはマシになりました。

 

さて、今日はレーシック難民の間のちょっとした有名人、集団提訴中の品川近視クリニックの元副院長「冨田実」について書きますね。

 

 

この冨田実医師、どうしてレーシック難民の間で超有名かというと、彼が副院長だった時代に「リーディングアイ」とか「アキュフォーカス」「クロスリンキング」などレーシック難民だったら震え上がって飛びのきそうな治療がたくさん品川近視クリニックで開始されたからなんですね。

 

 

どこの病院とは書かないけれどもど

レーシック前のクロスリンキングは、術前にやっても、

角膜が薄いからか両眼エクタジアなった患者さんもいたし

(この病院は不適応例でも患者には言わないし手術中止しない)

 

 

アキュフォーカスなんて、これまたどこの病院とは書かないけれど、

最盛期には角膜の炎症とか、炎症を抑える目薬の副作用で

被害者の会の話題を独占してたクソ手術なんですけどね。

 

 

この「元品川近視クリニック副院長」の

冨田実「眼科専門医」ですが、

品川近視近視クリニックが集団提訴される

前後くらいで品川近視の副院長をやめて、

銀座で「冨田実アイクリニック銀座」

っていうのを開いたんですね。

 

 

前の記事に書いたのをご紹介しておきます。

 

f:id:rennconn:20170616172641j:plain

 

長期にわたり品川近視クリニックに在籍なさったのに、

品川近視であった経歴は絶対載せない冨田実「眼科専門医」。

「150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニック入職」なんて回りくどいこと書かずに、「品川近視クリニック」って書きゃいいのに。

f:id:rennconn:20181009134422p:plain

 

 

 

f:id:rennconn:20181009134806p:plain

lasikganni.hatenablog.com

 

この「冨田実アイクリニック銀座」ですが、

久々にグーグルレビュー見てみたら、

清々しいことになっていたんですわ。

 

Google検索ワード「冨田実アイクリニック銀座」より

f:id:rennconn:20181009133300p:plain

点数「2.7」。

低いですよね~。

だってあの集団提訴が複数起きている「品川近視クリニック」でも

「3.1」はあるのですよ?

Google検索ワード「品川近視クリニック」より

f:id:rennconn:20181009133752p:plain

 

続きます。

レーシック被害、現在の状況。

みなさん、こんにちは。レンコンです。

 

 

少しずつ涼しくなってきましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。レンコンは胃炎にかかってしまい、現在ももがき苦しみ中です。別に体が弱いとかじゃないのですが、2・3年に一回くらいの頻度で胃が激しくやられる時があり、よろよろした生活を送ってます。

 

 

アメリカではNYtimesの記事以降、レーシックを認可したFDAがリスク見直しを発表し、レーシック後の失明患者と会って話を聞いたり少しずつ動きがあるようですが、日本の事について今日は少しまとめておこうかな。

 

 

まず、レーシックの裁判の件ですが、翔友会系列、品川近視クリニックレーシック後のドライアイの裁判が3月に患者側の勝利的和解という形で終了したことは、皆様の記憶に新しいと思います。

f:id:rennconn:20180920101642p:plain

https://www.bengo4.com/c_8/n_7606/

このブログでも紹介しましたよね。

lasikganni.hatenablog.com

 

ついでに言うと、和解条項に関してはこんな感じで品川近視が全然守ってくれないわけなんですけれどもね…。

lasikganni.hatenablog.com

 

そんで、さらに2018年8月のレーシック集団訴訟裁判で、今度は患者が勝訴しました。相手はまたも翔友会系列の品川近視クリニックです。

lasikganni.hatenablog.com

f:id:rennconn:20180920102214p:plain

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34014450Z00C18A8CR8000/

 

立て続けに裁判で不利な結果が出ると同時に、NYTimes紙のニュースも受け、最近沈黙してるレーシック業界。

 

 

眼科医の先生方もせっかくホクホクのレーシック医になろうと慶應大学の坪田教授のお勧めで、高いエキシマレーザー導入したのに、さぞかし悲しい思いをしていることでしょう。機械のローンはしっかり残りますものね。

しかも品川や錦糸でバイトしていた先生方は、裁判所からいつお呼び出しがかかるかわからないから、なかなか心落ち着かない日々ですよね。

ま、でも健康なだけまだマシですよね。過矯正にされた外科や、循環器科など、その他のお医者さんたち、仕事辞めなきゃいけなくて大変なことになってましたよ?

本当に過矯正だと、近く見えなくなって仕事できなくなりますよね~。

 

 

手術数は下がる一方でレーシック関連のニュースも激減してしまいましたが、レーシックの集団訴訟はまだまだあるんです。

 

 

というのは、集団提訴というのは2つのクリニック対象に行われてるんですけど、医療法人メディカルドラフト会の「錦糸眼科」の訴訟はまだ係争中です。

 

 

「錦糸眼科」が一体どんな眼科だったのかはこのブログで何回か取り上げたのでリンク張っときますね。まぁこんだけガイドライン違反の手術を行えば、訴えられても仕方がないクリニックですよね。-19Dとかー30Dとか…。一応書いておくと、日本眼科学会のガイドラインでは上限はー6Dで医学的に根拠がある場合でもー10Dが上限です。

lasikganni.hatenablog.com

 

それと、品川近視クリニック対象の「ドライアイ」の訴訟は一応患者側の勝利的和解で終了しましたが、他のグループの訴訟はまだ継続中なんです。

 

品川近視を対象にした裁判は、何せ人数も多いんで、いくつかのグループに分かれているのですけど、そっちの方は全然終わっていないのですよね。

 

裁判に関してはレンコンもあんまりよくわからないので、公に公開された情報をもとにはたから眺めてる感想しか書けないのですが、

「品川近視クリニックって強気だな~」

と思います。

 

 

何でそう考えるかというと、自分だったら、同じ情報を共有できる可能性の高いグループに複数訴訟起こされ、しかも最初の裁判の結果が不利だったら、その後の裁判が経営に与えるインパクト考えると、最初の裁判での約束は履行した方が、残ってる複数の裁判のことを考えると、有利なのではないかと思うんです。

でも、HPや広告を見る限り、ドライアイ裁判での和解条項は全く守られていないというか、むしろ裁判後に改悪されちゃっているんですよね。

lasikganni.hatenablog.com

ドライアイに関する記述なんて、裁判前にはHPにちょっとはあったけど、裁判後にはHPから完全消滅しちゃいましたからね。

 

ちなみに説明に関して個人的な意見を書いておくと、レンコンが一番大事だと思うのはHPやパンフ、宣伝本での説明だと思ってます。

 

今までのレーシッククリニックのやり方って、

患者がレーシックについて最初に調べるHPや広告、パンフなどの媒体で「レーシックは安全な手術」「長期にわたって後遺症無し」「家のクリニックは最新の機械だし、全員眼科専門医だから安全」と説明しておいて、医師説明でも「貴方はレーシック適応です」と不適応の人にも言っておいて、料金払わせたに手渡す専門用語いっぱいの同意書に「家で読んでサインしといてください」…というやり方だったんですよね。

 

ガイドライン適応外や網膜裂孔なのに「適応です!!」と手術受けさせられた人々は論外として、こんなやり方じゃ適応の人にも不親切だと思うんで、最初からリスクについてHPで目いっぱい説明するのが、再び訴訟を起こされないためにも品川近視クリニックさんにとって大事な事なんじゃないかと思います。最初からレーシックなどの屈折矯正手術のリスクについて平易な言葉で目いっぱい書いてあれば、例えば「ドライアイは絶対に悪化します。治らず、10年以上も治療を続けている方もおられます。目薬は自費になります」と書いておけば、だれも必要のない手術なんて受けたいと思わないでしょう。

裁判に臨んでいる人たちもそう思っているのではないかしら?

 

しかし、ドライアイの裁判での和解条項の履行状況を見ていると、なかなか残ってる裁判の患者さんたちは、「品川近視と話し合う」という行動をとることも難しいのではないかと感じます。

 

だって後遺症に対する治療や研究が全くない現在、「再発防止のために術前説明や適応検査をきちんとしてくれるなら…」と涙を呑んで和解してるのに、それすら守ってもらえない…という現実を目の前で見せつけられるのは、なかなかインパクトでかいと思います。

 

ホント品川強気だなぁ。

 

そんな感じで、今日のところは終了させていただきます。